えにし ミネラルについて | えにしホースパーク公式ブログ

ミネラルについて

  • 2014.12.04 Thursday飼料19:55
  • 0
       今日は久しぶりに飼料について語りたいと思いますミネラルについてです。
       ミネラルは骨格や
      体内のその他の器官に多く存在しています。主に4つの役割があります。それは骨・血液など体の構成成分となる作用、酵素の働きをサポートする作用、体液の浸透圧・PHを調整する作用、神経・筋肉機能を正常に保つ作用です。
       ミネラルは体内における含量で2つに分類されます。体内の含有量が多いものをマクロミネラルと言い、カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウム、リン、塩素、硫黄があります。これに対し、体内の含有量が少ないものをミクロミネラルと言い、鉄、亜鉛、銅、マンガン、クロム、コバルト、ヨウ素、セレン、フッ素などがあります。
       例えば、ナトリウムとカリウムは吸収率が高いですが、体内に蓄積されにくく、尿や汗とともに排泄されます。この2つの物質の代謝は相互作用があり、いずれかが過剰になると他方の欠乏が生じやすくなるという特徴があります。馬はナトリウム過剰に対して比較的耐性を有し、粗飼料を充分に与えていればカルシウム欠乏を生じにくいと言われています。
       また、カルシウムとリンの割合も気をつけなければいけません。リンはカルシウムの吸収を抑制します。これは、腸管内で不溶性のカルシウム化合物を形成するからだと考えられています。逆にカルシウムを多量に摂取するとリンの吸収を抑制します。しかし、要求量の6倍程度のカルシウム摂取はリン摂取が充分な場合は悪影響がないとされ、カルシウム/リン比は1.5〜2の範囲が良いとされています。
       ミネラルの過不足がおこると欠乏症・過剰症がおきます。成長過程や運動量、季節に合わせて与えることが必要となります。

       

      コメント
      コメントする








         

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << July 2018 >>

      騎乗ネット予約

      RESERVA予約システムから予約する

      facebook

      Enishi Location Photo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      recommend

      元競走馬のオレっち ~ライバル現る?編~
      元競走馬のオレっち ~ライバル現る?編~ (JUGEMレビュー »)
      おがわ じゅり
      コラムにえにしホースパークが登場しました。話題に載せて頂き、感謝します。

      recommend

      ドレッサージュの基礎―馬と共に成長したい騎手のためのガイドライン
      ドレッサージュの基礎―馬と共に成長したい騎手のためのガイドライン (JUGEMレビュー »)
      クルト・アルブレヒト・フォン ジーグナー
      何度読んでも新たな発見があるすばらしい本です。

      links

      search this site.

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM